婚約指輪って何なの・・・?意外と知らない婚約指輪

婚約指輪はいつから始まったの?

起源はローマ時代まで遡ります。当時は女性が男性に忠誠を誓うしるしとして用いられていました。また、最も大切な心臓とつながっているとされる薬指に指輪をするようになりました。この頃はまだ、契約の意味合いが強かったようです。
世界で最初に贈られた婚約指輪は15世紀にマクシミリアン大公が婚約の際に贈った指輪です。ダイヤモンドの婚約指輪は19世紀になると一般にも広く知られていきます。地球上で一番固いものとされるダイヤモンドは、永遠の愛と絆の象徴として花嫁に贈られるようになりました。
日本で婚約指輪を贈るようになったのは1960年頃です。当時は真珠や誕生石が主流でした。
その後「デ・ピアス」という宝石店が流した、様々なカップルが映し出される美しいCMに誰もが憧れ、「給料の3か月分」というキャッチフレーズと共に婚約指輪=ダイヤモンドというイメージが定着していきます。こうして婚約指輪の習慣が広がっていきました。

婚約指輪と結婚指輪のちがいは?

「婚約指輪と結婚指輪ってどう違うの?」これも指輪を買うときに気になることの1つだと思います。
婚約指輪は、結婚の約束をしてますよ、という意味合いで男性から女性に贈られる指輪のことです。高価で特別感のあるダイヤモンドなどがついたデザインのものが多く送られます。
一方、結婚指輪はペアリングです。結婚式で男女の結婚の証として交わされるものです。日頃つけておくことが前提なので、婚約指輪に比べてシンプルなデザインのものが多いです。夫婦以外の人に。既婚者であることを示す役割も果たしています。
薬指は、昔も今も愛の証の指とされています。また、指輪もお守りや魔除けとしても広まりました。婚約指輪や結婚指輪といったしきたりや形式はありますが、愛する人を大切に思う気持ちはずっと昔から変わらないのですね。

結婚指輪を千葉で購入したい場合、オーダーメイドなど様々な取り組みを行っているお店が多いのでよく検討しましょう。