結婚指輪と婚約指輪の違いって?

婚約指輪・結婚指輪の由来

ブライダルに関わる指輪には、婚約指輪と結婚指輪があります。それぞれに意味があり、起源については諸説ありますが、どちらもローマが発祥という説が有力といわれています。婚約指輪は、古代ローマで約束を果たす印に鉄の輪を用いたことが由来とされ、結婚指輪は9世紀頃に新郎新婦が指環を交換したという記録が残っているといいます。どちらもヨーロッパに広まるのは中世以降で、日本に入ってきたのは近代以降です。
ちなみに、左手の薬指にはめるのは、この指が心臓とダイレクトにつながっていると考えられていたからです。心が存在すると信じられていた心臓に愛をしっかりと伝えたいという思いや、心を支配したいという思いが込められたと伝えられています。

愛を感じられる指輪を身につけて暮らす

現代の日本では、婚約指輪はプロポーズや結納の場で愛の証に男性から女性に贈るもの、結婚指輪は挙式の場で二人が永遠の愛を誓って交換するものとして定着しています。そのため、婚約指輪は女性だけが身につけるもの、結婚指輪は二人ともが身につけるものとなっています。婚約指輪はダイヤモンドや誕生石など宝石が付いたもので、晴れやかな場に似合う華やかなものが選ばれます。それに対して結婚指輪は、普段の生活の中で日常的に身につけるものなので、シンプルで邪魔にならないものが好まれます。
どちらも素材やデザインなど大変バラエテイに富み、また既製品のほかにオリジナルを作ることもでき、価格の幅も非常に広くなっています。ブライダルリングは一生付き合っていくものなので、後悔しないように二人にふさわしいものをじっくりと選びたいものです。

予算に合わせて、様々なオーダーメイドのプランを紹介してくれる店舗を選ぶのが、婚約指輪を横浜で作る場合の基本です