婚約指輪は必要…?気になる男女の本音

プロポーズと言えば婚約指輪と考えがちですが…

男性が女性にプロポーズしようと考える時、真っ先に頭に浮かぶのは婚約指輪をどうしようかということではないでしょうか。
映画やドラマ、小説などのプロポーズのシーンでは必ずと言っていいほど男性が女性に婚約指輪を渡す場面が描かれています。しかし、実際には婚約指輪を用意しなかったというカップルも多く、特に最近は結婚の際の出費を抑えたいと考える人も一定数いるようです。
また、男女によっても婚約指輪を用意すべきかどうかで意見が分かれることも多く、カップルで意見が違う場合にはその後の結婚生活を良好に保つためにもお互いの意見をあわせておく必要があります。そこで男性・女性それぞれの婚約指輪に対する本音や意見をまとめてみました。

気持ち的にも社会的にも婚約指輪を必要とする人は多い

まず指輪を用意する男性の側からすると、婚約指輪の購入はプロポーズのいいきっかけになると考える人が多いようです。実際、プロポーズをする際に指輪があった方がはっきりとした結婚の申込みと受け取ってもらいやすいでしょう。
一方、受け取る側の女性からすれば、男性にきちんとした婚約指輪をもらうことで自分が大切にされていると感じられる人が多く、プロポーズと共に婚約指輪をプレゼントしてもらいたいと考えている人が多数を占めるでしょう。
また女性の場合、自分の家族や周りの人に結婚するということを伝える際にも婚約指輪のことを聞かれることはよくあるため、社会的な意味合いからも婚約指輪を必要としている人が多いのです。
もちろん2人が婚約指輪を必要としないなら用意しないということも考えられます。しかし、どちらかが必要を感じている、またはあった方がいいと感じるなら婚約指輪は準備するに越したことはないのです。

結婚式で男女が互いに贈り合う指輪のことで別名マリッジリングといいます。結婚指輪は日常生活で左手の薬指につけることが多く、周囲からも既婚者であることが分かります。